about_point_arrow

入学までの流れ

エントリーフォームに必要事項を記入しご郵送ください。当アカデミーにて書類審査を行います。

書類審査合格者には合格通知及びアカデミー説明会の日程を送付致します。アカデミー説明会にて入学、授業内容をご説明致します。

スクール説明会後、入学希望の方は期日までに学費を納入してください。オリエンテーションコース・ベーシックコースのレッスン開始となります。

※お送り頂いた書類・写真はご返却致しません。また、合格通知は合格の方のみに送付させて頂きますのでご了承ください。

about_point_arrow

レッスンフロー

初めて演技をする方を対象としたクラスです。緊張や不安を減らし、「演技を観る楽しみ」から「演じる楽しさ」を体感していきます。

俳優として活動していく上で必要な最低限の準備を学ぶクラスです。自分自身の個性を生かしつつ、現場に通用する力を身に付けていきます。

俳優として現場で必要とされ、評価される力を身に付けていくクラスです。演技のみならず、俳優の価値を高めるために色々な角度から学んでいきます。

about_point_arrow コース案内

ポーラスター東京アカデミーの魅力を体験してもらうコースです。
オリエンテーションコースは入学金が不要ですが、充実したカリキュラムをご用意しております。
野島伸司による貴重な特別授業も予定しております。

初めて演技する方に向けたカリキュラムを使用し、演技の楽しさを見つけ出すこと、そして自分自身の感覚や感情を演技につなげるきっかけを掴んでいきます。様々なエクササイズやシンプルな台本を通じ、人前での緊張・不安を取り除き、その人の個性を見つけ出していきます。

【芝居を観る側から演じる側へ】
演技経験がない方にとって、人前で演じることはとても勇気がいることです。その不安や緊張を取りのぞくためにも即興ゲームを中心に進め、俳優をやる上で不可欠な「演じる側の楽しみ」を体感していきます。

【演技について自分基準で考える】
エクササイズとシンプルな台本を併用しながら、台本から読み取れる状況に自分自身で考えた背景を追加し、『自分基準』で考えることにより生まれる感覚・感情を学んでいきます。それにより、今後、必要となってくる「自分らしい演技」につながるきっかけを掴んでいきます。

【俳優としての最低限の準備】
シンプルな台本を中心に、『自分基準』を生かした上で、台本へのアプローチを始めとする、俳優として不可欠な『準備の基礎』を学んでいきます。また同時に、自宅でのトレーニング方法や自分の夢を実現するための具体的な道筋と目標を明確にしていきます。

俳優として基礎と同時に、自分の言葉で表現することや想像力、相手の立場に立ったコミュニケーション力や共創力など日常生活でも必要とされる能力を伸ばしていくことに主軸を置いたコースです。

【共演者と一緒に創り出す】
演技の基礎トレーニングのエクササイズを通じて、積極的に他人とコミュニケーションを図り、「集団で作品を創り出す」面白さを感じていきます。

【自分の言葉で話す・人の言葉を受け入れる】
俳優としても不可欠な自意識を減らすトレーニングにより、人前で演じることへの不安を減らし、自分自身の言葉で人と交流していきます。一方、自分と違う感覚や意見を受け入れる柔軟性も伸ばし、演技のキャッチボールの基礎を掴んでいきます。

【俳優としての最低限の準備】
大人同様、シンプルな台本を中心に、台本へのアプローチを始めとする俳優として不可欠な『準備の基礎』を学んでいきます。また、世代毎に違ってくる、子役が現場で求められることや、自宅での準備の仕方、年齢にあったアプローチの基礎を学びます。

俳優として活動していく上で必要な最低限の準備を学ぶクラスです。
自分自身の個性を生かしつつ、現場に通用する力を身に付けていきます。

その人の個性や感覚を生かしたアプローチとどの現場にも必要とされる準備の仕方を学んでいきます。自分自身の感覚を使うことによって生まれた演技を、現場に繋がる演技に丁寧に変換していくことをメインとしたカリキュラムです。

様々な現場で求められる型にはまらない演技の準備を学んでいきます。単に「笑う」「泣く」などの感情表現だけではなく、作品のなかでの役割と俳優自身の個性を繋げていくカリキュラムをメインとしているコースです。

俳優として現場で必要とされ、評価される力を身に付けていくクラスです。
演技のみならず、俳優の価値を高めるために色々な角度から学んでいきます。

演技のみならず、マネージメントを初めとする様々な専門家の意見を取り入れた独自のカリキュラムで俳優の価値を高めていきます。様々なタイプの台本を通じ、現場に行くために必要な自分自身の武器を確立することを目指します。

数多くの子役を発掘してきた野島伸司アドバイスのもと、子役に特化した独自のカリキュラムで現場に必要とされる俳優を育てていきます。また、常に次世代で必要とされる俳優になるための準備をし、世代に合った役を勝ち取れる俳優を育てます。